着物は廃棄処分せずに買取がベスト

最近では、着物と言えば成人式やお正月に振袖を着たり、結婚式で留袖を着ている女性を見かける程度になったように思います。普段使いで着物を着ている人は、お茶やお花などの趣味を嗜まれている方など、限られた方になってしまいました。それでも、婚礼の時には、いくつかの着物を仕立てて持たせる習慣は今でも残っています。着る機会は減っても、日本人には着物に対する愛着が遺伝子レベルに刻み込まれているのかも知れませんネ。

着物は比較的高価なものが多い代わりに、洗い張りをし、仕立て直せば体格に関係なく、何代に渡っても使えるのが特徴です。しかし、先の記載した様に着る機会が極端に減ったため、多くの人が貴重な着物を箪笥の肥やしとしているのが現実です。

こうした着物は、その所有者が亡くなられた後も、廃棄処分するのではなく、有効に活用してもらいたいものです。その為には、着物愛好家や着物生地を洋服や小物の生地として上手に活用してもらえる方に、着物がバトンタッチされる事が必要です。

リサイクルショップでは、店頭で様々な物を販売していますが、一般多数の方を相手にした商売をされているため、着物の買い取りを行っている所はほとんどありません。リサイクル着物専門店や生地を販売する専門店にルートを持っている所で買い取ってもらう必要があるのです。

ネットで調べて買い取ってもらうのも良いでしょうし、近くに昔からの質店があるなら、そこで着物買取をしてもらえるか尋ねられると良いでしょう。代々受け継がれて来た着物の中には、今では入手が困難になっている様な泥大島と言った貴重な着物が眠っているかも知れません。

自分が着物に興味が無いからと廃棄処分するのではなく、着物を愛好されている方に着続けて頂けるように、着物買取をしてもらわれる事をお勧めします。

タンスの肥やしの着物を買取してもらっておこづかいに変えました

独身時代にお茶とお花を習っていた必然的に着物が必要になり、何着購入してました。
おけいこをしている時には年に何度か着る機会もあり、必要なモノとして大切にしていましが、結婚し、子育てが始まるとおけいこを続ける時間もなくなったので、やめてしまいましたが、それでも「いつか着るかも」とそのまま大切にとっておきました。
更には私が結婚した頃には、お嫁に行く時には用途に合わせたいくつかの着物を持っていくのが習慣としてあったので、それらを合わせると20着弱が着る機会もないままタンスに眠っていたのです。
処分する機会もなく、と言っても誰かに貰ってもらうという事もなく、まして男の子だけの子供の私は娘に譲るということもない状態。
このままタンスの肥やしとして時間だけが過ぎていくのかと思っていたのですが、とある友人が買取をしてくれるところがあるという話しをしてくれて、私もインターネットで検索をしてみると、いくつかのお店が検索できました。
私が参考にした着物買取のサイトはこちらです。

どこのお店で着物買取をしてもらうか検討をした結果、ひとつのお店を選び、そこのお店に買取をしてもらいました。
このままタンスの肥やしとして時だけが過ぎてしまうはずだった私の思い出の着物が信頼できるお店で無事に買取をしてもらう事ができ、そのお金が私のおこづかいとなったという事は、なんというかとても嬉しい気持ちです。